【育成論】黒眼Rベトベトン【シングル】

・はじめに

USM初の真面目な投稿です。

今回は自分が1500〜1800辺りで使っていたベトベトンについて紹介しようと思います。

 

 

・型詳細

 f:id:panpikkle:20171229172445j:image

持ち物:半分回復実(ウイ以外)

性格:慎重

特性:くいしんぼう

技構成:鈍い リサイクル はたき 黒い眼差し

努力値:212-4-36-0-252-4

実数値:207-126-100-x-167-71

耐久ライン(物理):特化メガギャラドス地震まで確定2発

耐久ライン(特殊):特化メガサーナイトハイパーボイスまで確定3発

 

 

・考察

黒い眼差しにより起点対象を捕獲し、鈍いを6回積むことで全抜きを目的とした立ち回りが可能となる型。

以下で「きのみを食べたらリサイクルを押し、残ったら鈍いを押すサイクルを続けて6回積み切れる相手」をリストアップする。このベトベトンを使用する際はその相手に如何に黒い眼差しを当てるかを考えて立ち回っていく。

 

起点対象リストは以下となる。技次第で状況が変わりこそするが、基本的に起点対象であるものを並べた。

カプ・テテフ

ゲッコウガ

ポリゴン2

ナットレイ

クレセリア

フシギバナ

ウツロイド

・ラッキー

ハピナス

・ツボツボ

 

・鈍い6積み後の抜き性能

物理耐久は圧倒的で、目安としては特化ランドロス地震でも62〜74ダメージ。返しのはたきはH振りランド程度なら威嚇込みでも余裕を持って確定で落とせる。

特殊技に関してもキチンとHP管理をしておけば耐えることは可能であり、例えばひかえめリザYのオーバーヒートなどは153〜181ダメージと、一致等倍なら基本なんでも耐えるようだ。特殊技でこのベトベトンを一撃で飛ばせる技は筆者の知る限り眼鏡ニドキングの大地以外には存在しない。(しかも低乱1)

 

・如何にして黒い眼差しを当てるか

さて、ここまで書くとめちゃ強そうな型に見えてくるのだが、実際はこの第一段階、黒い眼差しを当てるまでが大変である。

ポリ2をキャッチしようとしたらはたき警戒で引かれるし、テテフに関しては毒技を嫌って引かれるし…と、そう簡単に居座ってはくれない。そこで、黒い眼差しを当てられる条件をキチンと検証していこう。

 

☆そもそもベトンに居座る相手リスト

ナットレイ

やどりぎやステロ等を撒いてから引くor殴るつもりで来るので簡単に通る。まもるで眼差しを見られると怪しいか。

 

※追記 ナット起点の3タテBV

DMPW-WWWW-WWWE-3ZHA


フシギバナ

やはりやどりぎを入れたがる。ベトン側からも打点がないと相手は考えるので絶好のカモである。ねむりごなは避ける。


ハピナス

ステロを撒きたがる。ぬけがら警戒で眼差し直後にはたきたい。タマゴうみを押したいタイミングで対面させると特に通りやすいか。


・ツボツボ

アンコールされても鈍いのppが枯れるまで待てば良い。大抵先発で出てくるのでそこに合わせて選出、1ターン目から展開できる。レッカははたきで発動しないので、はたき2発で倒す感じで。

 

☆普段は居座ってくれない相手が居座るタイミング

さて、ここからが大事なポイント。先述した居座ってくれないような相手が、ある条件下では居座ってくる可能性が高いので述べておく。

 

☆ラス1ベトン時の相手の心理

仮にこのような局面が来たとしよう。

お互い残数2匹、相手は場にテテフ、裏にマンダとする。こちらはテテフに1匹倒され、死に出しでラス1のベトンを繰り出したとする。

この時、相手としてはマンダに交換する理由がない。何故ならば、こちらがラス1である以上、交換が単に1手パスとなるからだ。ラス1対面では交換する必要性はほぼないと考える場合は、読者にも経験があるかと思われる。その時に黒い眼差しが通りやすいのだ。

このように、勝ち筋の薄い試合で敢えてベトンをラス1にして、相手の居座りを誘うプレイングが、「鈍い6積み」という、急所被弾を除いた非常に太い勝ち筋に直結する場合がある。

 

他にも釣り交換を繰り返すなどして、相手の居座りを誘うプレイングも可能かもしれないが、その具体例を挙げるには相当ややこしい(それこそ1試合の思考の流れ全てを描写する必要が出てきそう)ので割愛させていただく。ここは使用者の腕次第?

 

・さいごに

このベトベトンで無双するのは非常に気持ちがいい。眼差しが通った瞬間の快感は他では味わえないと思う。

最後の方に述べたテテフマンダに有利を取るシチュエーションなど、他のベトンなら絶対に勝てない場面を覆す力がこのベトンにはあるので、単に「気持ち良くなれる型」では終わらない強みがあると思う。

また、「HD振りで再生回復持ち、はたき所持でエスパー無効」という性能は、黒い眼差しを通さずとも十分サイクル適性がある型だとも言えるのが大きく、眼差しは付加価値と捉えてもいいかもしれない。というか、最初から眼差し狙いで選出すると弱いとは思う。「こういう勝ち筋も持っているぞ」と意識しつつ、普段は超霊辺りへの繰り出し、はたきによる道具カットでサイクル戦を普通に仕掛けていれば良いだろう。そしていざ、役割対象が居座りそうなタイミングを見極められたなら黒い眼差しにそっと手を伸ばしてみてほしい。

 

追記:教え技でとおせんぼうも覚えるので、遺伝させてないけど慎重個体ならいるぜ!っていう人は教え技のお姉さんのところへGO!